DARK LORD'S DARK ROAD

パズドラ/リネレボ/遊戯王/JAM Project などの元トリックスターブログ。

【#リネレボ】ありがとパプリオン、ヒンデミット。

ども、がいすとです。

今回は、サーバー移動について。

タイトルでネタバレしつつ、
下記、文章力がなさ過ぎて読みづらいと思いますが、
私のヒンデミット生活の最期なので許してくださいw


ヒンデミットを離れます。

※移動は月曜の夜とかにします。それまで移動先は秘密ですw

理由としては害血盟が増えすぎたこと。
それに伴ってかわかりませんがまともな人が多数移動してしまったこと。

さらには原因となった害血盟すらもほとんど移動するようですし、
まだまだぎりぎりまで残って移動を予定している人もいるかもしれません。

もう過疎の未来しかありません。

最初は「PKなどから避けるため」、というネガティブな理由でしたが、それも害血盟がほとんどいなくなるため、
「過疎鯖から離れていろんな人と楽しめそうな鯖でやりたい」というポジティブな理由に変わってきました。



某動画投稿者に影響され、インストールしてサーバーの選び方もわからず、
タイトル画面に「TOUCH THE SCREEEN」と書いてあったのでそのままタップしたら
たまたまパプリオンだった。

それがパプリオンとの出会いです。

思えばパプリオン時代から害血盟ばかりが集まるサーバーでした。

それでも、要塞戦ができなくても、楽しかった。

間違いなく「直江津高校」という血盟のおかげです。
人数もそんなに多くない、特に血盟ダンジョンの開始時間が決まってるわけでもない、
ゆるーい血盟で、ラモグハードでひーひーいったりしてるだけでも楽しかったし、
ナーシングに移った後も直江津PT組んでビーチイベントとかでぎゃーぎゃー言ってたのも楽しかった。


「直江津高校」から「TEAMNURSING」に移った後は、
はじめてまともに要塞戦ができるようになり、楽しいこともたくさんありましたが
ナーシングでは常に大変なことが多かった気がします。。。

ナーシングの盟主になったら引退する。たぶんこんな呪いがかかってるかもしれませんw

某事件をきっかけに「8609」の方々にもお世話になりました。
青防具オールLRにできたのは間違いなく8609さんのおかげです。
加入前、脱退後も仲良くしてもらった血盟は「TEAMNURSING」「8609」くらいです。


ナーシングに戻り、3代目が引退し、4代目になってからはアクティブも最大12人ほどになり、
盟主業などもサポートしていたつもりでしたが、もうそんなことをする意味もよくわからなくなってきました。

あれ?直江津の時も多いときでこのくらいじゃなかったっけ?
要塞戦もやってないしなんでこんなめんどいし融通効かないんだろう??
と。

他に行く血盟もない。仲良くしてくれた人たちはいなくなってしまった。
引退した3代目盟主に言われた、「ナーシングに縛られる必要はない」という言葉。
もうヒンデミットにいる意味すらないと思ってしまいました。


オーレンと統合されたり、鯖移動でたくさんの人が移動してきたのはいいのですが

超格下の血盟のただの1血盟員のしょうもない1ツイートを
我々の総意ととらえて強制布告してきた全鯖の中でもトップクラスの某血盟
や、
無差別に戦争やFPKをしてくる血盟など、いつの間にか害の寄せ集めみたいになってしまいました。

害血盟たちがプレイヤーを減らしていて、結局相手がいなくなる。
お山の大将気取りたかったんでしょうか。

戦争自体はリネレボのコンテンツのひとつです。
それを楽しいと思ってる人たちもいるのもわかります。

でも楽しみ方は人それぞれなので、メリットのないコンテンツをやりたがらない人もいるんです。
それに巻き込まないでいただきたい。

ただわるちゃをするだけで変な奴に絡まれる。それがパプリオン、ヒンデミットでした。
恐らく害血盟の一部は残るので、過疎ってて害血盟があるという私には何のメリットもないサーバーになるでしょう。

とはいえ、始まりのサーバーを離れるのは少し寂しい気持ちもあり。
それよりも移動先のサーバーが楽しそうだなーという期待が勝ってこんな結果になりました。


これからヒンデミットに残る皆様、ヒンデミットへ来た方々が楽しくリネ生活を送れますように。。。

さよならは言いません!!w
同じゲームをプレイしていることに違いありませんし、今後「要塞大戦」も実装が予定されています。
次元の迷路や、装備ダンジョン召喚石ダンジョンなど、どこかで会うこともあると思いますし。

それでは、ヒンデミットの皆様!お元気で!!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://geist0809.blog110.fc2.com/tb.php/137-fba12392
該当の記事は見つかりませんでした。